新潟でシングルマザーが再婚したい!子供はの気持ちは?

 

多くのシングルマザーの「恋愛したい」と思う気持ちは強いです。ママであると同時に女ですものもう一度恋愛したいのは当然です。
ただ、再婚となると理由は人それぞれ、事情が変わってきます。

全国でも離婚率の低い新潟でも若い世代を中心に離婚する人が増えてきています。そして再婚する人も。
主に女性が再婚したいと思う理由は何なのでしょうか?

   ◆再婚したい理由◆

 

    ・今度こそ幸せになりたい
    ・子供のために
    ・将来が不安

しかし、子供がいるとなかなか再婚に踏み切れませんよね。そんなシングルマザーのお悩みが少しでも解消できればと思います。

 

子どもの気持ちを考えると再婚できない

先ほどの再婚理由と矛盾しますが、実際にシングルマザーに一番多い悩みだと思います。母親として子供優先になるのは当然ですし、そこに悩まない母親には不安を感じます。
再婚は子供の成長過程で、どのタイミングがいいのか?一緒に考えてみましょう。

    ◆子供の成長と再婚のタイミング◆
     ・子供がなるべく小さいとき
     ・思春期を避ける
     ・高校受験を避ける
     ・子供が独立したら

こうしてあげてみると、なかなか再婚できなくなってしまいます(笑)子供が「男の子」か「女の子」かでも違うでしょうし、子供が何歳のときがいいかなんて一概には言えませんよね。

シングルマザーの再婚

 

子供が独立してからであれば一番いいのは間違いないですが、その頃、あなたは何歳ですか?そう考えると子供の成長は考えても意味はないようです…。

 

再婚の時期で幸せになれるか・なれないか決まるほど単純ではないですから、再婚のタイミングを子供の成長の過程で考えるのは難しいです。

 

再婚のタイミング

 

再婚する時に大切な事は、貴女には再婚相手に「好き」という感情があると思いますが、子供たちにとっては「好きでも嫌いでもない」あかの他人と一緒に暮らすということを理解することです。

シングルマザーの婚活

 

再婚相手と子供たちを無理に「親子」にしようと思わない事です。とくに、小学校高学年以上の女の子であれば、あかの他人の男性と一緒に暮らし、同じお風呂、トイレ、洗濯機などを共有するだけでも嫌悪感を感じるかもしれません。そんな子供に「お父さん」と呼ばせたところで、なにも意味をなしません。

 

まず、貴女が焦らず再婚相手としっかり時間をかけて付き合うこと。その期間で子供と再婚相手の距離を無理なく縮めます。もちろん、「親と子」の距離ではなく「気のイイおじさん」位の距離です。距離を無理に縮めようとして、再婚相手が馴れ馴れしくしたり、スキンシップをとるようなことは絶対に辞めましょう。

 

他人同士が親子になるためには自然の流れしかありません。再婚前にそうなればいいですが、そう簡単ではないですから、「気のイイおじさん」まで距離を縮めたら再婚して、そこから同居人として暮らしながら後は自然にまかせましょう。「お父さん」と呼ばれない事は寂しい事ですが、そこは我慢しましょう。

 

子供は母親が一人でいることを心配している

 

子供は母親が再婚し他人と暮らす不安を感じる一方、母親が一人でいることに心配するケースがあります。母親彼氏ができ、幸せに見えたら自然と一緒になってほしいと思うものです。

 

シングルマザーの再婚

女の子であれば、いずれお嫁にいく事を考えると心配になるのは当然です。しかも、子供が結婚してから再婚しようとしても、年齢を重ねるほど再婚の確率は低くなります。中・高生くらいの子供が母親に再婚をすすめる場合もあります。

 

結論として、付き合ってから再婚をあせらないことが重要です!時間をかけ付き合い、貴女と彼氏が充実した恋愛をして、幸せになること。子供は見ていますから。

 

そして、再婚相手と子供を無理に「親子」にしようと思わないこと。再婚相手に理解してもらい、焦らず自然の流れにまかせましょう。

 

早く相手をみつけ、時間をかけて付き合いましょう!