新潟のバツイチの婚活はパーティーよりもスマホを活用!

スマホで婚活 

バツイチや子持ちは再婚できるのか心配されている方が多いと思いますが、結論から言えばバツイチ、バツイチ・子持ちでも再婚できます。ただ、初婚と比べて再婚が難しいのは間違いないです。新潟は全国的で一番離婚率が低いです。周りに離婚している人が少ないことから、離婚に対して偏見を持っている人が多いといえます。

バツイチの再婚

子供がいないバツイチであれば、一見、初婚と変わりはなさそうですが、バツイチと分かった瞬間、相手は「この人は何が原因で離婚したのか?」「なにか問題でもあるのかな?」と間違いなく思われます。

 

男性であれば「女性問題」「金銭問題」「暴力」「同居問題」など勘繰られますし、女性であれば「男性問題」「金銭感覚」「家事をしない」などです。これは避けて通れませんから、こういったことを受け止め、バツイチということを自覚して婚活を行えば再婚のチャンスはグッと増えます。

 

離婚の理由は人それぞれですから、もう一度幸せな結婚生活を送るためにもう一度、自分自身を見直しましょう。

 

バツイチが婚活で困ること?

まずは相手から警戒されます。

特に相手が初婚であれば、先ほども言ったように、「なぜ離婚したのか」離婚理由が一番気になるところです。

バツイチの婚活

 

ここで、初婚相手と再婚を考えた時の一番の問題点は結婚相手の両親です。子供が初婚であれば嫌がる親が圧倒的に多いです。未だに世間体とかを気にする親も多いですから。ですから、その親を説得できないようであれば、無理に再婚を急がないほうがいいです。親との関係は一生続きますから、あなたが苦労するだけです。

 

ただ、相手が初婚でも結婚適齢期を過ぎていれば話は別です。両親は、息子、娘に結婚してほしいと願います。誰でもイイからとは言い過ぎですが「結婚してもらえるだけでもありがたい」と思っていることも多いのです。

 

バツイチ婚活が幸せを呼ぶ?

 

バツイチ婚活は悪い事ばかりではありません。何と言っても、結婚生活を経験していることです。初婚者同士だと結婚式が幸せの頂点になり、そこからお互いの悪いところも見えてきて、右肩下がりに不幸になっていく夫婦がいます。(離婚を経験したあなたが一番わかるかもしれません)

 

その点、一度離婚を経験している方は結婚に対して幸せの幻想を抱いていませんから、冷静に相手を見る事が出来ます。これは、バツイチ婚活の大きなメリットです。

 

バツイチ女性は一般的な婚活パーティーには行かない

 

20代でもバツイチ女性が婚活パーティーに参加すると、「バツイチ」と伝えたら、男性は相手にしてくれません。初婚女性が多く参加していますから、そちらを選びます。自分がその立場になってみれば良くわかることだと思います。

バツイチ婚活はSNS

 

もし黙ったまま付き合い、いい感じになったところで「実は私バツイチなんだ」と告白しましょう。「そんなの関係ない、お前が好きだ」なんて言うのはテレビの世界だけであって、「騙したな」と思われるのがオチです。時間をかけただけ、別れたときのショックは大きいと思います。

 

バツイチ・子持ちにおススメの婚活はSNSの利用です。自分の条件を素直にのせれば、その条件を受け入れてくれる人と出会えるのです。相手もバツイチかもしれませんし、子供がいるかもしれません。自分の希望にピッタリの相手が見つかるまで、出かけることなく何度でも利用できます。