新潟でアラフォー女性が年下イケメンと結婚できた理由とは?

アラフォーの婚活 

なんと、35才以上の未婚独身女性が以後結婚できる可能性が1%と言う衝撃のレポートがあります。

 

平成12年の国勢調査では、35〜39歳の女性の未婚率は13.9%。10年後、45〜49歳となった際の女性の未婚率は12.6%。
その差から結婚したのはなんと1.3%!

これが40歳以上になれば、もっと少ない数字になる事は想像できます。

 

実際に私の周りでも34歳くらいまでは、男女ともに結婚話は結構とあり、結婚式や二次会に呼ばれることも結構ありました。

 

それが35歳を過ぎたあたりから、「結婚する」話は聞かなくなり、すでに結婚して子育てや家のことに忙しい人と、独身組とハッキリと区別されるようになってきました。

 

新潟は田舎ですから、やっぱり35歳を過ぎても独身でいると、あらゆる方面からのプレッシャーを感じるようになりますよね。特に女性は。

 

そんな結果もある中、私の友人は39歳で、8歳年下のイケメンとサクッと結婚しました。

 

アラフォーが年下イケメンと結婚できた理由

 

一つ目は、相手の男性が農家の長男だったということ。

 

やっぱり地方の婚活で敬遠されるのが農家であり長男であること。農家の長男だと言うだけで、お付き合いしたくないと考えるのはもったいないことです。

 

最近の農家では、嫁不足も深刻な事から、「来てもらえるだけでもありがたい」「農業は手伝わなくてもいい」と考えている農家も多いです。

 

実際、友人が嫁いだ農家は「農業は手伝わなくてもいいが、男でも女でもいいから跡継ぎを!」という希望でした。

農家に嫁ぐ

 

友達は常々「結婚はしなくても子供は欲しい」と言っていたので「跡継ぎを」と言われても嫌な気にはならなかったそうです。

 

しかもラッキーなことに、同居はせず、敷地に新しく家まで建ててもらいました。

 

これは、これから農家の長男と結婚する人に言いたいのですが、後々のことを考えても、同居はしない方がいいです。

 

結婚生活を長く続けるためには、「スープの冷めない距離」と言うのがやっぱりベストです。

 

2つ目は知り合ったきっかけがSNS

 

そして、相手の男性がゲームオタクだったこと。オタクゆえ、イケメンといえども外に出ないので出会いはないです。

 

歳の差が最初は気になったそうですが、自宅が近いこともあり、なんとなくお付き合いが始まったそうです。

 

SNSで婚活

付き合っていくうちに、「一人でゲームをしたい」という時間があり、私の友人に正直に伝えたところ、友人はこころよく一人の時間を作ってあげたそうです。

 

友人も39歳まで独身であれば、趣味の一つや二つあり、一人の時間を上手く使えます。

 

1人の時間が欲しいと言うのはお互いの希望だったのです。

 

結果的にお互いの利害が一致したとはいえ、男性側から見れば「自分のわがままを通してくれた」と言うことは、結婚を考えるうえで大きなポイントとなります。

 

年の差は気にならなくなる

 

結婚して5年もすれば正直年齢差は気にならなくなります、旦那さんの見た目年齢などはたぶん数年で逆転します(笑)

 

若い女の子が良いと言っているのはだいたい40歳以上の男性です。

 

せっかくスマホで無料のサイトもあることだし、年上好きのアラサー男性は結構いますよ。
ネットにはこういうもったいないイケメンとの出会いがあるってことです。