新潟の農家長男の婚活方法!相手の不安を解消しよう

農家の婚活 

新潟の農家も他の県の農家と同じ嫁不足に悩んでいる人が多いです。

 

「俺、農家の長男だから結婚できない…」と考えている人が多いと思いますが、貴方の周りに結婚している「農家の長男」いませんか?いますよね。ですから無理と言うことはありません。ただ、間違いなく言える事は、農家の長男と結婚する事に不安を感じている女性が多いと言う事です。

その不安とは「手伝いをさせられるのでは?」という一点です。女性が自分から「農業を手伝いたい」と言ってくれる都合のいい女性はいないと思ったほうがいいですね。

 

もし、いたとしてもそれは、よほどのイケメンの場合と相手の女性の実家が農家か、女性がが結婚に切羽詰まっている場合です。この場合は「容姿」はあきらめてください。

 

「俺、農家の長男だから結婚できない」と言っている人は、「農業を手伝ってくれる」なんて条件をつけるから結婚できないのです。タイプの女性と結婚したいと思ったら、「農業の手伝いをしなくていい」という条件をつけることができれば、簡単に結婚できます。

 

 

農家の長男が結婚するための準備

 

嫁に手伝いをさせずに済む、作業形態を改善する

 

基本、法人化されていなければ家族経営になるわけですが、子供の頃から両親が一緒に働いているのを見ていて、それが当たり前だと思っている先入観を無くしてください。

 

農家の嫁

嫁の労力がなくとも円滑に作業が進むようにします。

 

農家の人は家族をタダ働きさせる傾向があります。それは実に無駄であり、嫁に体に負担のかからない、パートやアルバイトで収入を得たほうがよほど儲けになります。

 

例えば、繁忙期はシルバー人材を利用して、給与を払えばいいんです。実際、スジ撒きや田植え、枝豆農家や果樹園などそうしているところが多いです。

 

嫁さんも、貴方や義理の両親と毎日、1日中一緒にいたらストレスでおかしくなりますよ。最近、知り合いの農家の嫁さんが50代で逃げてしまいました。自分に置き換えて想像してみてください、貴方が嫁の両親と毎日、1日中一緒にいるところを。いろいろツラいですよね?

 

それを、あなたは未来の嫁さんにさせようとしてるんですよ。

 

嫁さんが手伝わないことを両親に納得させる

 

両親を納得させるためには、未来の嫁さんに出会う前に作業形態を変える必要があるんです。

 

言葉で説明しても、頭が固くなった両親は理解できません。実際に作業形態をかえて、効率がよくなることを体感してもらうしかありません。嫁さんが手伝わなくても問題ないことを分かってもらいましょう。

 

同居しない事を両親に納得してもらう

農家の婚活

 

これは、農家だけの話ではないのですが、同居して姑との相性がわるくなり家を出るケースが非常に多いです。

 

そうなると、盆、正月にも嫁さんは貴方の実家に近寄る事はなくなります。これは、私の兄の嫁さんがそうなりました。ちなみに農家でなく、ただの同居です。

 

農家なら土地があるはずですから、実家の近所かもしくは同じ敷地内に家を建て同居しないほうがお互いイイと思います。

 

相手の誤解を解く

 

女性の思う農家のイメージは
「農作業の手伝い」「早起き」「同居」などの悪いイメージがあります。それを、上述した事を説明し誤解を解きましょう。

 

 

これができれば、相手に「農家の長男」というデメリットはなくなり結婚がグッと近づきます。

 

しかし、これだけ準備ができても農家には大きな問題があります。それは出会いがないということです。仕事で出会いもありませんし、年齢によっては合コンなんてのも少なくなります。

 

はっきりいって、待っていても決して女性と出会うことはありません。ですから自分から積極的に出会いをみつけるしかありません。

 

 

 

 

未来の嫁さんに出会うおすすめの方法!