新潟でアラフォー女性に農家の長男をオススメする理由

新潟の晩婚化 

今、新潟に限った事ではないと思いますが、私の周りでは、結婚する女性の結婚年齢は10代後半〜40代までと幅広くなっていて晩婚も多くなっています。

 

実際、新潟県の平均初婚年齢を見てみると、

   昭和55年は  男性27.6歳  女性25.1歳
   平成26年は  男性30.8歳  女性29.1歳

首都圏との年齢の開きはほとんどありませんでした。新潟は47都道府県の中でも大体真ん中です。

 

なぜ晩婚化になったのか?

 

晩婚化の原因は、女性よりも男性のほうにあり、その理由が収入です。「今の収入では養っていけない」というセリフを良く耳にします。世の中の景気が晩婚に拍車をかけているわけです。

 

男性が晩婚になるということは、30代後半から40代女性の結婚率は下がります。なぜなら、30代〜40代の働き盛りで収入がある男性は自分より若い女性を選ぶからです。仕事が安定して、収入があれば若い女性を選ぶのが世の常ですから。わかりやすいのは芸能界ですよね。

婚活は若い方が有利

 

男性はお金さえあれば、若い女性と結婚できますが、アラフォー女性が若い男性と結婚するのは、男性ほど簡単ではないですよね。あってもそれは相当稀なケースか相手に甲斐性がないときです。

 

だからと言って30代後半〜40代の女性はあきらめないでください。新潟に住んでいる貴女にはチャンスがあります。そうです、新潟と言えば農家です。

 

アラフォー女性の婚活は農家に注目

 

農家の男性が新潟で出会いを求めようとするとどうしても難しくなります。なぜなら新潟出身の女性だからこそ農業に偏見があるからです。

 

20代〜30代の女性の両親はひと昔前のわる農家の悪いイメージが強く、その感覚のまま今の若い人たちに伝わっているのが理由です。そういった理由もあり、農家も扱う農作物や規模によって多くの収入を得ている農家も多く、収入のある男性でも、相手が見つからず独身でいることが多いです。

アラフォー女性は農家が狙い目

 

アラフォー女性が結婚をするならば、農家を狙うことをおすすめします。世間に同世代の独身男性は残っていません。

 

残っているのは基本「訳あり物件」です。それはお互い様かもしれませんが、できれば「優良物件」と結婚したいと思うなら農家 です。「初婚」「高収入」「見た目普通」なんていう物件が多く残っています。ただ、「農家」と言う事が「訳あり」とも考えられますが・・・

 

最近の農家は変わりつつある

 

農家も昔とは変わりました。ただ、変わっていない農家もあるのも事実です。ですから、よく「物件」を吟味すればいいのです。そのためには農家に対する「知識」が必要です。

 

高額な物を欲しいと思ったとき、色々調べてから買いますよね?実物を見て・触って・ネットで調べたりしてますよね?それと同じです。
ですからまずは出会う事、出会わなければなにも始まりません。結婚はそれからなのです。