農家のバツイチ新潟男子、再婚をあきらめず婚活しよう

バツイチ男性 

離婚を経験した人の中には「バツイチだから誰も相手にしてくれない」と考える方が多いです。特に農家の場合、ただでさえ、嫁不足なのに「次は難しい…」と考えてしまいますよね。

 

一度離婚しているから自分には「欠陥がある」と思ってしまい奥手になってしまいます。もしくは、「再婚できてもまた離婚になることが怖い」と臆病になってしまうこともあると思います。確かに、離婚されたかたに話を聞くと「結婚よりも離婚の方がパワーを使う」と良く耳にします。

しかし、離婚された男性のなかでも新しい幸せのための再婚、出会いを求める人が多いことも事実です。少しでも再婚したいと思ったら、勇気を持って一歩踏み出しましょう。

 

実際に離婚・再婚している数は?

 

国内で結婚するカップルは年間約70万組と言われています。それに対し、離婚する夫婦は年間25万組と言われています。

バツイチの再婚

 

このことから約3分の1の夫婦が離婚を経験すると言うことです。

 

イオン南で3組の夫婦とすれ違ったら1組は離婚すると言うことです。私が小学生の頃、親が離婚している同級生は、ほとんどいないような時代でした。

 

しかし現在は、中学の同級生がバツサンになり、兄弟が離婚を経験し、数年後に再婚しています。(ちなみにバツイチ同士)最近では離婚・再婚はごく普通な事になってきました。

 

新潟県の離婚率

 

2014年9月に総務省が調査した『都道府県別の離婚率ランキング』が公表されました。

 

    ■離婚率の高い県 TOP5

 

     第1位 沖縄県 離婚率:2.59
     第2位 北海道 離婚率:2.09
     第3位 大阪府 離婚率:2.08
     第4位 宮崎県 離婚率:2.08
     第5位 福岡県 離婚率:2.04

 

 

    ■離婚率の低い県 TOP5

 

     第1位 新潟県……離婚率:1.41
     第2位 秋田県……離婚率:1.42
     第3位 山形県……離婚率:1.47
     第4位 富山県……離婚率:1.47
     第5位 島根県……離婚率:1.5

 

 

周りにバツイチ、シングルマザーが多くいるので正直この結果には驚いています。

 

この結果をみると、他県にくらべ離婚に対して少し厳しい目でみる県民性があるのかもしれません。ただ、そういった傾向は人口の少ない地域だけだと思います。噂だらけで、まるで地域から監視されているような土地も実際あります。

 

ただ、そんなことを気にしていたら何もできません。「人の噂も七十五日」といいますよね。

 

農家のバツイチ男性の第一印象

 

はっきり言って悪いと思います。だって離婚している訳ですから。相手の女性は間違いなく「なんで離婚したの?」「なんか問題あるんだろうな?」「鬼舅・姑?」「農業の不信?」「DV?」「借金?」と想像するはずです。

 

人の警戒心と好奇心なんてものはそんなものです。ですから、それを受け入れる「心」が再婚には必要なんです。少し我慢すれば「人の想像も七十五日」です(笑)

 

今、「やっぱダメらねっか」と思った人、ちょっと待ってください、考え方によっては「バツイチ」は相手の女性から減点方式でなく、加点方式で評価されると言うことです。

 

「あれ、思ったより優しい+10点」「あれ、借金がない+10点」「あれ、子供好き+10点」と、加点されていきドンドン印象が良くなっていきますよ。良いギャップの効果は絶大ですよ!