農家のバツイチ男性は再婚したければ1人暮らししよう

バツイチ男性の印象 

バツイチ男性が「1人暮らし」「実家暮らし」で、相手女性に与える印象が大きく変わります。まして、農家の長男ならばなおさらです。

 

当然「1人暮らし」のほうが印象がいいのですが、なぜ、印象が良くなるのか、婚活中の女性が「1人暮らし」と「実家暮らし」をどう見てるか考えてみましょう!

バツイチ1人暮らし男性の印象

   【プラスポイント】

 

     ◆自立しているように見える
     ◆一人暮らしできる経済力がある
     ◆同居する心配がなさそうに感じる
     ◆家事ができる

 

 

   【マイナスポイント】

 

     ◆遊んでいそうに思われる
     ◆住まいのグレードによって値踏みされる

 

実家暮らしのバツイチの男性の印象

   【プラスポイント】

 

     ◆貯金が多そう

 

 

   【マイナスポイント】

 

     ◆いい歳して親のスネをかじってる印象
     ◆結婚したら同居?
     ◆家事ができない

 

このように、婚活中の女性からみて、実家暮らしのバツイチ男性より、一人暮らしの男性に良い印象を持っている女性がほとんどです。

 

プラス、マイナスポイントを見ても分かるように、離婚してから、実家に戻る男性に、女性は良い印象をもっていません。農家であれば、「農業の手伝い」の可能性も考えられるため、「同居」「介護」も加え、恐怖のトライアングルを脳内で確立されてしまいます。このようなマイナスイメージを多くの女性は抱くものです。

 

そもそも、女性は「長男はダメ」、「自営業はダメ」、「姑と住みたくない」
という意識が強く、農家の長男であれば、すべて当てはまります。ですから、実家暮らしのバツイチ男性に良い印象がないのは当然なのかもしれません。

 

バツイチ農家の再婚の可能性を高めるには?

 

再婚をしたいのであれば、一人暮らしをすることをおすすめします。

 

女性の「一人暮らしの男性の印象」にもあるように、男一人で生活できるというのは、結婚した後も、必ず役に立ちます。女性からも「結婚してからも家事の手伝いをしてもらえる」と思われるのは好印象ですし、経済力があって、家事ができる。家事ができれば子育ても手伝ってくれるなんて具合に。

料理のできる男性

 

1人暮らしであると、実家住まいよりお付き合いの段階で、家に招くことが可能です。バツイチ男性の実家に遊びに行くには女性にはちょっとハードルが高すぎます。

 

婚活には、「清潔感」が重要ですが、見た目だけでなく、部屋にも清潔感を感じさせることができれば、さらに印象が良くなります。

 

婚活を理由に実家を出れない人は、自分の事は自分でするといいと思います。そのような心がけが、普段の生活において、なにげない気配りにつながります。女性はそういった所をよくみていますから。

 

バツイチ男性が本気で再婚を考えるなら、一人暮らしを考えましょう。