地元婚活はSNSを活用!同級生との出会いは成功しやすい

同級生婚 

最近ではFacebookなどSNSの普及から同級生同士の結婚が急増しているそうです。私は新潟に住んでいますが、周りにも同級生婚、多いです

 

ここ数年でも、サッカー日本代表の内田篤人選手、タレントの鈴木奈々さんなど同級生婚している有名人は意外と多いようです。

同級生婚の場合、最初から相手のことをある程度知っているため、気心知れていて安心感があるため、親しくなりやすいようです。

 

同級生同士の結婚が増えている理由

 

1.ありのままの自分

同級生同士の場合、お互いが小中学生の頃から知っているため、警戒心を持たずに関係を深める事が出来るようです。

 

また、方言を気にすることなく使え、地域独特の風習など、共通の話題も豊富です。場合によっては互いの家族の事も知っている事があり、いちから始めるお付き合いとは違った安心感があります。

ありのままの自分

 

また「大人になってから再会」と言う形で出会うと、昔のイケてない頃のギャップで、そこから恋に発展する事も多いのだとか。

 

2.友達が共通

同級生との恋愛は、共通の知人が多いため遊びの対象になりにくく、短期間で結婚するカップルが多いです。結婚後も、夫婦そろって友人と遊べるため、いつまでも仲のいい夫婦が多いのが特徴です。

 

米エモリー大学の調査によると、年齢差0歳のカップルが一番離婚率が低いという情報もあるそうです。

 

3.きっかけはSNS

 

同級生婚が増えた原因はSNSの普及が一因だと言われています。実際にFacebookが普及したことによって、ずっと途切れていた昔の友達とつながったり、同窓会の連絡があったりします。

 

SNS婚活

昔好きだった人とSNSを通じて交流が復活したりと、既婚者にとってはちょっと心配な面はありますが、出会いの一つとしては最高の場所です。

 

特に『知り合いかも』と表示されるFacebookがキッカケで同級生婚をした人は多いようです。同級生というだけで気負わず再会できるところはあります。共通の話題もあるし、誘いやすいし、抵抗が少ないですよね。

 

同級生婚はスピード婚

 

またSNSを通じて同級生婚をするカップルは、結婚までの期間が短いのも特徴です。同級生の場合、友人時代の関係性にもよりますが、相手を信頼するまでの時間や距離を縮めるための手間ヒマが非常に少ないです。

 

だって、昔から知っている人だし。共通の友人からの情報もいくらでもあります。それが悪い情報でなければいいのですが(笑)特に小中学校の同級生だったりする場合は、地元が同じで相手の家族とも顔見知りのため、結婚話がトントン拍子に進む事が多いようです。

同級生婚

 

同級生婚は結婚後もメリットが多いです。お互いの実家が近いため、子供が生まれた場合の、子育ての協力も得られやすいです。

 

 

最近出会いがないと思っている方は、SNSを利用してみるのをおススメします。

 

昔からの友人はいいものです、同級生ではなくてもいい紹介話があるかもしれませんよ。